墓地や霊園の種類や特徴を紹介
  • お墓を建てる流れや費用の内訳は?墓石についての基礎知識
  • 人生の終わりをより良いものに…終活準備お役立ち情報
  • 墓石の価格が安い東京の石材店口コミランキング!
  1. 墓地・霊園の種類や特徴、選び方や注意点まとめ

墓地や霊園の種類や特徴って?どうやって選べばいいの?

墓地・霊園の種類と特徴を比較

墓地・霊園の種類と特徴を比較

墓地(霊園)は大きく分けると公営墓地・民間霊園・寺院墓地の3つがあります。それぞれの特徴と、メリット・デメリットを見ていきましょう。

・公営墓地(公営霊園)

都や市町村が運営している墓地を指します。一般的に永代使用料や管理費が低額・宗派に関係なく誰でも申し込みができる・石材店の指定がないことがメリットです。デメリットとしては、墓地のある地域に一定期間以上居住していなければならない・募集時期が決まっている・遺骨が手元になくてはならないなど利用条件が細かいことが挙げれられます。経営母体の安定性と利用料の安さから利用希望者も多く、抽選でしか受け付けない場合もあります。

・民間霊園

民間企業が運営している墓地です。メリットは、宗教に関係なく申し込める・お墓のデザインや形態が比較的自由・遺骨がなくてもお墓を建てられる(生前墓)・法要施設などの設備が充実している・交通アクセスがよいところが多い、などです。一方、公営墓地に比べて永代使用料や管理料が割高・石材店が指定されている場合が多いことがデメリットとして挙げられます。

・寺院墓地

お寺が運営している墓地です。寺院墓地にお墓を建てるには、基本的にそのお寺の檀家となる必要があります。メリットは、手厚く供養してもらえる・法要の際に様々な便宜を図ってもらえる・地域密着型で安心・寺院内にあるので交通の便がよい、などです。デメリットとしては、その寺院の宗派によっては改宗しなければならない・お墓のデザインの自由度が少ない・寄付やお布施をして寺院の経営を支えなければならない・空きが少ない、などです。寺院墓地によっては、石材店が決められていることもあります。

公営墓地とは?利用方法まとめ

公営墓地は都や市町村が運営していることは上述しました。ここでは、その申し込みの流れと注意点について説明いたします。

・申込みから利用までの流れ

自治体の公式ホームページ・問い合わせで公募状況を確認

郵送またはインターネットで申し込み

抽選の実施

当選者の書類審査が行われる

審査に問題がなければ、費用(永代使用料・管理料)の納入通知が発送される

納入後、使用許可書が発行される

募集期間は各自治体によって異なります。東京都の平成29年度の募集を例にすると、6月に募集の公示があり、申込期間は7月3日~7月18日でした。申込み者の条件は各自治体によって少しずつ異なりますが、一定期間墓地のある地域に居住していること・申し込み時点で遺骨が手元にあること・遺骨に対して祭祀(さいし)の主宰者であること、などが挙げられます。

公営墓地で注意したいのは、「募集している区画の面積が大きい」場合です。1㎡あたりの永代使用料は民間霊園より安くとも、区画面積が広いために結局あまり変わらないということがあります。東京都府中市・都立多磨霊園の平成29年度募集を例にしますと、一番小さい区画でも1.8㎡からで永代使用料は158万円~です。ただし管理料は1,220円からと低額です。面積が広い=墓石も大きくなるということですので、永代使用料だけでなく墓石代との総額を比較することをおすすめします。

墓地を選ぶときに比較基準になるポイントって?

墓地を選ぶときに比較基準になるポイントって?

墓地の選び方のポイントをいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

・立地

墓地選びでもっとも重要と言えるのが立地条件です。お墓は親戚や友人など、多くの人が訪問する場所です。あまりに遠方だったり、アクセスが悪すぎる場所は避けたほうがよいでしょう。車に乗れなくなったときのことも考え、公共交通機関が通っているかどうかもポイントにしたいです。

・費用

墓地購入の際にかかるのは「永代使用料」「管理料」です。管理料は毎年かかってくるものですので、承継者に負担のない額かもよく検討しておきましょう。これに墓石+工事代が加わりますが、公営墓地以外は石材店を指定していることが多いです。指定の石材店で購入した場合の費用も算出しておくといいですね。

・宗旨・宗派

公営墓地や民間霊園では宗派を問わないことが通例ですが、寺院墓地では基本的にその宗派に入ることになります。現在自分が属している宗派は何かをまず確認し、承継者がいる場合には先々のことまで話し合っておきたいものです。

・設備

法要施設や休憩所など、訪れた人目線になって便利な施設があるかどうかをチェックしてみてください。売店や送迎バスなどがあればさらに嬉しいですが、費用と相談しながら決めていきましょう。

以上のような項目をチェックしながら墓地を選んでいくとよいでしょう。訪れた人がホッと一息つけるような墓地を選択できれば、それに越したことはありません。