お墓の承継者の決め方とは?
  • お墓を建てる流れや費用の内訳は?墓石についての基礎知識
  • 人生の終わりをより良いものに…終活準備お役立ち情報
  • 墓石の価格が安い東京の石材店口コミランキング!

お墓の承継者の決め方とは?それに関する法律を紹介!

お墓を生前に承継することはできる?

お墓を生前に承継することはできる?

一般的なお墓は、先祖代々受け継がれていきます。新しくお墓を建てる人も、子孫に承継することを考えているかと思います。そうなると、お墓の承継者がどのように決められるか気になるところです。

実は、お墓の承継者は特に法律で定められているわけではありません。民法の第897条に承継者についての条文がありますが、内容を簡単に説明しますと「承継者は慣習に従って決められるが、被相続人の指定があればそれに従う」ということです。地域によって異なりますが、慣習に従った場合の承継者は長男となることが多いです。別に承継したい人がいれば、生前に指定したり遺言で指定します。

では、承継者が決まっていれば生前にお墓を承継することができるのでしょうか?これは、基本的にはできません。墓地は「買う」と言いますが、実際には霊園や寺院から「借りて」いるものですので、不動産のように譲渡や転売はできないのです。そのような事情から生前承継を禁止している霊園・寺院が多いです。しかし近年お墓の権利者の高齢化が進み、お墓の維持管理が困難になってくると、それに伴い生前に名義変更を認めるケースが増えてきました。生前にお墓を承継したいという希望があれば、まず墓所の管理者に問い合わせてみるのが早いです。

お墓の承継に必要な手続き

お墓を承継することになったら、どのような手続きが必要になるのでしょうか?お墓は非課税財産のため、承継するにあたって税金はかかりません。ですので法的に特別な手続きをとる必要はありませんが、墓地の管理者(霊園・寺院)には名義変更を届け出なくてはなりません。一般的に名義変更に必要な書類は次の通りです。

・墓地使用権承継承認申請書

・実印または捺印

・永代使用許可書

・申請者の住民票または戸籍謄本

・名義人と申請者の続柄を確認できる書類(戸籍謄本など)

承継者は名義人と同居をしていた家族であるケースが多いですが、他の親族や他人である場合には事前に霊園や寺院に確認し、許可を得ておくほうがスムーズに進むでしょう。特に他人だった場合には、承継人を指定する遺言書などを求められることもあります。

お墓の承継者がいないとき

お墓の承継者がいないとき

承継者がおらずお墓を維持・管理する人がいなくなると、管理料が滞納されていきます。そうしますと、そのお墓は最終的に無縁墓となります。お墓が無縁墓かどうかを確かめる作業は、霊園や寺院が行います。無縁墓として整理されるとお骨は取り出され、墓地にある無縁供養塔などに合祀(ごうし)されます。お参りにくる人がおらず、最終的に無縁墓として整理されてしまうのは寂しいですよね。そこで昨今、次のような方法をとる人が増えてきています。

・永代供養墓に入る

永代供養墓を設置しているお寺が、永代にわたって供養と管理を行ってくれるお墓です。承継者がいたとしても、管理の負担をかけたくないという理由で永代供養墓を選択する人も多いです。お寺が供養してくれるという安心感や、お墓を建てるより費用を抑えられることも需要が高まっている理由です。永代供養墓を申し込んで費用を支払うと「永代供養墓使用許可書」などが発行されます。生前に申し込んだ場合はこの許可書を誰もが気付く場所に置いておいたり、家族に保管場所を知らせておくとよいでしょう。

・墓じまいをする

現在あるお墓を撤去して、更地に戻すことです。墓じまいをするにあたってまず決めなくてはならないのは、お骨の行先。別のお墓へ移す(改葬)・納骨堂へ移す・合祀墓に移す・海洋散骨などの自然葬をする、といった選択があります。手順としては、最初に墓所の管理者・住職へ墓じまいをしたい旨を伝え「埋葬証明書」を発行してもらいます。次に墓地を管理する市区町村で「改葬許可証明書」を発行してもらい、石材店あるいは処分業者を手配して墓石を撤去・遺骨の移動となります。

お墓には多様な選択肢があります。承継者がおらず、どうすればいいか迷ったときには墓所の管理者に相談してみるのもいいでしょう。